「脳の右側で描けASIN:4871990656」の実践

私が講師を担当している3Dデザイン科のデッサンの授業がまさにこれ。担当の先生が上記の書籍よりも先にこのメソッドで教えていたのかどうかは聞いていないが、手法や考え方は書籍で提案されている物に酷似している。

んで、自画像の授業の成果を見て納得。決して上手くはないのだが、説得力がある。なにより上達の速度が尋常じゃない(描く速度はかなり遅いのだが)。

実際、初めてのデッサンで石膏像を前にして「マッスが…」「空間を…」てなタームを垂れ流す教育者の言葉を飲み込むことで「概念をテクニカルに描き出す=デッサン」という罠にはまった身としては、学生達がうらやましかったり。

自分の目で観察した結果を信じられなくてどうするよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。