「Pentium Mac」待望論

あー、俺、今全然欲しくない。G5が出るまでは、やってほしいなぁと思っていたこともあったけど。

ただ、欲しい人もいるかもね。G4ラインを一斉にIntel化するのはそう非現実的なことじゃないかもしれないな。ただひとつ、この記者の深層心理がいわせている(そしてここが肝だと推察)ことだと思うのだが

Apple製品の優れた特徴を備えたIntelベースのMacが1000ドル以下の価格で提供されれば、

ZDNet:「Pentium Mac」待望論

これだけはないだろうよ。

今のMacの特徴の多くを支えているのは、独自ではないがまだ一般化していないI/Oがてんこもりなことだ。例えば、FireWire800とBlueTooth、AirMac、GBitNic、ADCなど。こういう特徴を備え、Dual-Boot可能な特殊なカスタムチップセットを持ったハードウェアが$1,000以下って寝言にしか聞こえない。今後はOptical AudioもMacの特徴となるわけだしさ(ローエンドにこそ必要な機能だね)。開発環境と簡易動画編集機能、高機能な画像データベースなどのiAppsが付属してるあたりから、妥当に見える線としては、$2,000じゃないかな。これって一般的なPCの倍ぐらいの値段だが、それでも飛びつくかねぇ。

少なくとも、私は欲しくないです。最新のマシンでWindowsが使いたければ、それこそ$1,000で購入すればいいだけの話だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。