あれから5年

あれから5年が経ってしまっていることに愕然とする

まだ 何とかなるかもしれないと希望を持てることに

そして たくさん矛盾の上に生きていることを実感する

カール・セーガンの遺作「百億の星 千億の生命」で泣いてしまった

21世紀は哲学を手にいれられるのだろうか

そんな一日だった。

いかん、湿っぽい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。