えすえふ

レフト・アローン (ハヤカワ文庫JA)

レフト・アローン (ハヤカワ文庫JA)

短編集だが食い足りないということはない。藤崎慎吾、いま、一番力を感じる作家の一人だ。

「クリスタル・サイエンス」もそうだったが、物語の速度が心地よい。生み出された精緻な世界に流れる物語は、論理に耽溺して読者を置き去りにしたりはしない。粛々と物語は進行する。

地元、奄美大島に没した田中一村を取り上げた短編は秀逸であった。田中一村の実際の手記から構成されたあっさりとした描写から、じりじり、ねっとりとしたシマの空気にたまらない懐かしさを感じてしまった。夏、帰ってないなぁ。

小指の先の天使 (ハヤカワ文庫JA)

小指の先の天使 (ハヤカワ文庫JA)

まぁまぁ、だね。どうせ神林長平の文庫は全部買う予定だったのでよしとしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。