しょうもないアプリやファイルで色を合わせるTips

イマドキPhotoshopで何も考えずに作成した画像には何らかのカラープロファイルが設定されているが、Photoshopでカラープロファイルが埋め込めない画像フォーマットやカラープロファイルに対応していないアプリケーションへ書き出すときに、色が合わなくなる。プロファイル保存ができないファイル形式でWeb用に保存するときにプロファイル変換をしてくれないPhotoshopもいいかげんなんとかしてほしいものだが……

  1. イメージ→カラープロファイルの変換…
  2. AppleRGBを選択
  3. 書き出し

で解決するかもしれん。試してみる価値はあるよ。また、カラープロファイルが埋め込まれていないPICTやPNGのCGをマカからもらったときにはAppleRGBで決め打ちしておくと吉。

カラーマネジメントの観点からは、この手の決めつけは危険ではあるのだがバッドノウハウとしてまだまだ必要な雰囲気。

いずれにせよ、自分が人に渡すときにはプロファイルをつけて渡したいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。