そのミサイル、照準できてるんだろうな?

シヴィライゼーション4 完全日本語版

シヴィライゼーション4 完全日本語版

夫婦共々Civilizationのファンだ。

このゲームは狩猟段階から文明を育て上げ宇宙植民をゴールとしている。競争相手はほかの文明だ。

初めて国を作るときの政体は首領制から始まり、王制や共和制などを経て(首領のままでゴールを狙えなくもないのだけど、科学技術の発展が見込めないのでほぼ無理)、民主主義やら社会主義やらへ至る。それぞれの政体はメリット・デメリットを抱え込む。

プレイヤーは、持っている文明の程度によって政体を変更することができるのだが、終盤選択できる政体に「全体主義」がある。全体主義国家では税金をいくらでも重くすることができるが、科学技術は発展しない。外交上もいくらでも嘘をつき放題である(だから普通は全体主義の国とは外交する意味がない)。

プレイヤーはゲームを進めていくと様々な科学技術を獲得し、様々なユニットを国力に応じて作ることができる。蒸気機関を得て鉄道網を作っていく、というような感じだ。科学技術は全体主義以外の政体の場合、時間が経てば自然に手に入れることができ、外交によって取引することもでき(鋳造技術と火薬の交換のように)、ほかの文明の都市を攻め落とすと一つだけ手に入れることができる。

ご想像の通り、核兵器も登場するのだがコンピュータが演じる全体主義国家へ核兵器の技術が漏洩すると、すべての国力をつぎ込んで弾道ミサイルを作り続け、出来上がり次第発射しまくる。

ゲームなら「あぶねーなぁ」ですむところなのだが、現実にその日がやってくるのかもしれんな。

何よりいかんのは、ゲームでの弾道ミサイルは狙いから外れることはないのだが、ヤツらのミサイルがきちんと「的を外す」ことができるのかわからんところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。