>アユタヤ観光

>人が集まるところには象がいる。ってわけでもないんだろうけど、アユタヤには観光象園がある。
アジア象舐めてました。でかい。
象に乗って近くの遺跡の周りをひと回りするのに500฿は野郎集団にはちょっと高いし時間もないので次の機会に乗ることにする。

最後に、現在ライブな仏教寺院を訪問する。拝観料とか払う必要もないし内部の写真撮影は自由らしい。外国人の姿はほとんど見えず、タイの各地からの観光バスから拝観に降りてくる。

IMG_3140


本堂の中はキンキラキンの仏像に真っ赤な天井。日本で侘びを売りにしてる寺の多くももともとはこんな色だったんだろうなぁ。
仏教徒でないにもかかわらず海外でお寺があれば必ず訪問することにしてるのだけど、このアユタヤの寺が中国やベトナムの寺と徹底的に違うのはエンターテイメント性。御賽銭をあげるときゲーム仕立ての運試しが混ざっていたり、銅鑼や鐘を鳴らしながら回ったり、僧侶の像がとてもキャッチーだったりする。国民のほとんどが仏教徒だからこそ寺同士の競争も激しいのだろう。
IMG_3130 IMG_3136 IMG_3119
賽銭を投げ入れるカゴが遠くにあって、見事中に入ったらなんてのはありふれているけれど、凸凹が施された鋳鉄のタンパの上にコインが立ったら運がいいなんてよく思いつくわ。
多数の信者が空気のように信仰する生きた宗教には厳かさがないなんてことは百も承知していたが、タイの寺は想像を超えていた。

– Posted using BlogPress from my iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。