エンド・オブ・ワールド

つか「渚にて」。小松左京推薦ってことでかなり心配したんだが(笑)杞憂であった。

美しい映像、絶妙のキャストと抑制の利いたすばらしい演技がいい。たっぷり3時間20分かけて美しい風景の中を、終末に向かっていく映画。時間がある時に、大切な人と、ゆっくり見るといい。

もし、つれあいが筋を知らなければあらかじめ教えておくのもいい。辛すぎるかもしれないから。<はい、責められました(笑。

ところで配給よ、このタイトルはないだろう。

そういえば描いていたのを忘れていた。クリエイティブ・コモンズにしておこうかな。うーん、その前に要リメイク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。