オートデフラグ on Panther

OS X 10.3 Has Built-in File Defragmentation

PantherというかDarwin 7.0にはオートデフラグ機能があるとのこと。

基本的に、ファイルアクセスが発生したときにフラグメンテーションのチェックを行い、もし20MB以下のサイズに断片化していたら、連続空き領域にファイルを移動する、でいいのかな。

ほんとに150程度なのか?新機能。もっと多いように思うんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。