コンテクストメニュー拡張

OMCEdit icon

「このフォルダをターミナルで開きたい」「このファイルをtarで固めたい」「このフォルダをhttpdのルートに設定してApacheを再起動したい」「ファインダーからsvn -uしたい」というのはよくあること――だよね?――だけど、ターミナルのウインドウに cd とタイプしてフォルダをぶっ込んで作業したりするのはいかにも手間だ。

権限がよく壊れていた10.1の頃にお世話になっていたあのツール、まだ生きてるかなー、と思って探してみた。生きてるよ!!進化してるよ!!ありがとう。

unixコマンドがわかる人ならいくらでもツールを拡張できる。肝な部分でコマンドを知らないと自作はできないんだけど、ファイルの形式やシチュエーション(ファイル or フォルダ とか)やダイアログの設定は付属のアプリケーションで簡単に設定できるので、ほとんど2~3行書ければ用が足りる。

OMCEdit editor OMCEdit

ちなみに、今私が作って使っているのはこんなところ。

  • Open here in Terminal…
  • SVN
    • upload
    • commit
  • Permission
    • chown to me
    • chmod +w

簡単なダイアログも出せるようになったので、凝ったツールも作れるね。うん、これはいいよ。

2件のコメント

  1. ああ、また今ひとつツールを思いついた。コピーしたディレクトリを選択フォルダに「上書き」するcp風動作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。