シャンプー

暖かいうちに猫シャンプー。猫シャンプーは二回目。前回の反省からやり方を変える。

  1. 洗い桶(使わなくなったトイレ)に37度のお湯を張る
  2. 後ろ足から桶に入れる
    • 足を踏ん張って抵抗されるが、足先をつかんで浸ける
  3. 皮膚までお湯がしっかり回ったことを確認してシャンプー
    • 薄めたシャンプー液でマッサージするように。
    • いやがられるので一人が抱きかかえてお腹や足先などにシャンプーする
  4. シャワーヘッドを体に密着するようにしてしっかりすすぐ
  5. タオルでくるんで水気を切る
    • なぜかゴロゴロはじめる。混乱しているのだろう。
  6. ドライヤーで遠くから乾かす
  7. もう一匹繰り返し

花王の蚤取りシャンプーを使っているのだが、メリットシャンプーのようなキツい香りで人間がダウン気味。猫はもっと大変だろう。人間も使えるようなシャンプーに切り替えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。