スペック流出?

いやはは、楽しませてもらいました。>流出スペック

なかなか充実したスペックではないですか。普通のPCワークステーションクラスの足回りで、2Ghz-Dualが40万円からなら買いだな。ま、今は自由になる金がほとんど無いのでしばらく様子見になりますが。

なんだか、高いとか言っている人もいるみたいですが、自作で組むとどんな金額になるのでしょうか。

  • Dual 2GHz PowerPC G5 processors
  • Up to 1GHz processor bus
  • Up to 8GB of DDR SDRAM
  • Fast Serial ATA hard drives
  • AGP 8X Pro graphics options from NVIDIA or ATI
  • Three PCI or PCI-X expansion slots
  • Three USB 2.0 ports
  • One FireWire 800, two FireWire 400 ports
  • Bluetooth & AirPort Extreme ready
  • Optical and analog audio in and out

これに1GhzのLAN付けて、DVD-R付けてOS付けてWindowsが動くマシンをオーダーしたら40万円で収まるかなぁ。Appleの機械を買うと一年保証が付くからバルクじゃなくて全部リテールで揃えようね、とか考えると似たような値段になるような気がするのですが…あ、Optical Audio I/Oなんて使い道ないから捨てとかメーカーサポート要らないとかだと、10万円ぐらい違うだろうけど。んで、64bit CPUじゃなくていいとか、8GBもメモリ積まないとかいうと半額ぐらいまでコストを削減できそうだけど、個人的にCGやら作るのにほとんど使い道のないBluetooth対応であったり、OpticalのAudioI/Oであったり、64bit CPUであったり、GB-Etherであったりすることで値段がつり上がるのは容認してます。

こんな事書くと「趣味で使う分にはいいだろうが仕事で使うには云々」みたいな、仕事で使ってるからオレは偉い的ヘタレ職人*1が反発しそうですが、私は仕事で使ってるくせに新しいワークフローを開発したがらない職人よりも、趣味にしか使っていないのに最新のマシンをぽちっとなしてAppleに貢献してしまうオタクや「Macかわいー」で購入できる人を尊敬します。経済状態の制約から頻繁にマシンを購入できるわけでもないので、仕様が安定するまで1~2世代は様子を見ようかと思っているのですけど、その間にマシンを動かすことで金ももらってもいないのに試してくれる好き者達が、運用のヒントを山のように積み上げてくれるからねぇ。ほんと尊敬します。

*1:このニオイを発散させてる代表例がタクシーの運転手だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。