タッチタイプトレーナー

Happy Hacking Keyboard Professionalはキータッチが40gと軽いため、普段のタイピング感覚で入力すると底打ちしてしまい、かなりの打鍵音と底打ちの衝撃があるので、タッチタイプトレーニングをやり直すことにした。4mmのストロークの半分も入れないうちにキーが反応しているので、指をキーボード上で飛ばすように入力するといいのではないかと推測。

実際、机周辺も片付けたことだし、入力する姿勢も変化しているため、ここらで正しくタッチタイプができるようになるのも悪くないか、という腹もある。せっかく、タッチタイプ練習に最適なキーボードも購入したことだし(違

んで、Mac OS Xで動作するタッチタイプトレーニングソフトを漁ってみたのだが、なかなか良いものが見つからない。特に今回は文章入力ではなくホームポジションを中心にした運指を徹底してやり直したかったのでえーご版でもかまわなかったのだが…

結局、昔母親にも勧めたフリーのTypistでやり直し。

やってみると、いやになるほどできないものであるな(汗>タッチタイプ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。