ハズレることも……まぁあるさ

ミステリとして読むと、登場人物の誰もが思いつかないような科学ネタがトリックなんでドキドキしない。種明かしで「そうか、そうだったのか!!」という驚きはない。知らないネタだと「はぁ」だし、知ってるネタだと「まさか、そういうオチじゃないよな……」と初めて伏線を張った瞬間にわかってしまう底の浅さ。個人的には、ネタがほとんどバレバレだったんでモノモノ本としても楽しめなかった。

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

ハズれも楽しみのうちではあるのだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。