ベランダの猫転落柵+猫棚のマージ

ベランダの猫用、転落防止柵と猫棚に構造上の問題があったので、マージして修正した。

reference article

Cat anti-escape net

issue

猫棚は上下突っ張りのみであるため、振動を与え続けると外れてしまう構造上のOpen Issueがあることはわかっていたのだが、下の写真で確認できるように、転落防止柵の突っ張りポールも少し外れやすくなっていた。

Problem in cat shelf and anti-escape net

workaround

  1. 棚の上部構造を転落防止柵と連結
    猫棚の上部枠と脱出防止柵の枠を連結し、上部構造が壁から外れないように変更する。
  2. 突っ張りポールを固定
    突っ張りポールを転落防止柵の上部枠にネジで固定する。

work procedure

  1. 転落防止柵の枠と猫棚の上部の長さを測って動縁(ドウブチ)を切り出す
  2. 切り出した材料にオイルステインを塗る
    • ステインに限らず、DIYで使うペイントやラッカーの瓶のふたは固まってしまいやすい。固くなってしまったふたを開ける道具はたくさんあるようだが、おすすめはゴム付きの軍手。100円位で売ってるし、作業中のけがを防ぐこともできるのでおすすめ。
      glove
  3. L字/T時金具で転落防止柵の枠、猫棚の上部枠を連結する。
    • 木工なら7,000円程度で購入できるバッテリータイプで十分。不自然な体制でも確実にネジ止めできる。
      Power driver
      小器用な旦那や彼氏をDIYに引っ張り込む(引き込んだが計画立ててる最中にいきなり不機嫌になったりする)ときに、電動ドライバーの購入計画を持ちかけると、いきなり真面目に取り組み始めることだろう。家のがたついた扉なんかも自発的に修繕してくれるかもしれない。そう考えると7,000円。安いものである。間違ってもお店で「中国製の3,000円のがあるよ、こっちにしよう」などと日和ってはいけない。不機嫌が復活することだろう。
  4. 突っ張りポールの固定
    • 突っ張りポールの上部ストッパーゴムを上の枠にネジ止め。この手のネジ止めは人力ドライバーでは相当難しい。
      Close up

YouTubeに説明動画をアップした。

「猫+ベランダ+転落」とかでGoogle検索してやってくる人がたくさんいるので、クローズアップ動画を作ってYouTubeにアップした。

cat fence :
D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。