マルウェアまみれの国から

合肥についてから、AIMに接続すると5発、MSMessengerに接続すると15発、ウイルスを打ち込むためのコンタクトリスと追加リクエストが飛んでくる。どーやって探してるんだろう。

どこのネットワークからつないでも、なぜか特定IPのプリンタがジョブの待ち報告を送ってくる。相当不気味だ。これをきちんと受信できるWindowsだと何か仕込まれるのだろうなぁ。

ポートスキャンは秒15回。旧いLinuxへルートキットを放り込むアタックが一時間に1回ほど。

慣例として、なのか?ほとんどのルータでファイアウォールはまともに機能していない。限りあるネットワーク資源がこうやってマルウェア(と、セキュリティソフトの定義ファイルダウンロード)に食いつぶされている。

ちなみに、Flickrでのアップロードはかなり快適。上りが空いてるネットワークって珍しいよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。