マーロウ狂モノ

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)

多くのマーロウ狂モノとプロットは同じだが、心理描写と独白の多くなるこの手合いは、同じ時間を生きている作家の作品でないと入りにくい。見たら買って読むしか!という短期決戦ジャンルである。

やはり、多くのマーロウ狂モノ同様に、泣ける。動物と老人は卑怯だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。