>ランニングを始めてみて

>平日に週三日ほど早朝ランニングを試みている。運動不足解消と、楽しくロードバイクに乗るための体力をつけたくなったのだ。
一昨年は9ヶ月ほど自転車通勤していたのだが、昨年の春に異動してから中断していたら、しばらく治まっていた首の痛みがぶり返してきた。持病というほどのものでもないが頸椎のカーブがない「ストレートネック」なので体力が落ちてくると首の痛みや頭痛が出てくる。体幹の筋肉量を増やして首を鎧えばいいのだけど、自転車通勤でついた体力が昨年一年間でガタ落ちしていたようだ。

ロードバイクでちょっと長い距離を走るのは筋肉に負担もかけないし有酸素運動として考えても長時間の運動ができるいい運動なのだけど、準備まで含めると結構な時間がかかってしまう。そこで、動きだしの早い運動として走ってみようと思いたった。
一月ほど前に5kmほどのジョギングを試みた。自宅から善福寺川の緑地帯を走って戻る気持ちのいいコースだったのだが、2kmほど走ったところで太ももに筋肉痛が出てしまい、3km程度しか走ることができなかった。さらに翌日から4日ほど結構な筋肉痛に悩まされた。痛い間は身体の劣化にめげていたのだが三年前にスポーツバイクに乗り始めた時も同じような筋肉痛が出ていたことを思い出し、翌週もトライ。少し長めのコースを途中歩きながらではあったけど気持ちよく走り切り、ロードバイクの気持ちよさとは違う、筋肉を動かして前に身体を押し出していく感覚を思い出した。

気持ち良くなれることを知ると、今度はそれを続けたくなってくる。
ログだ。ログが必要だ。
ロードバイクではサイコンでペースを、心拍計で強度を確認しながら走るのに慣れてしまっていたので心拍だけを頼りに走るのは心許ないし、走りながらでも距離とペースを睨みながら走りたい。

ということで買っちまいましたよ。Nike + Zoom Structureとスポーツバンド。

スポーツバンドにセンサーが含まれていることに気づかず、間違ってセンサーも一個余計に買ってしまったんだけど、結果的に有効活用されてるので、ま、いいかと。

使ってみて驚いたのだけど、万歩計に毛の生えたような仕組みでよくもまぁ、と驚くほどの精度で距離を測ってくれるしペースも読める。バンドも音楽が要らない私にはちょうどいい感じ。もしも音楽を聴きながら走りたければiPhone 4のNike+ GPSでセンサーと同期させればいいので、iPod nano持ってなければバンドがお買い得な気がする。

このセットで先週から平日の朝、まだ一日おき程度だけど、4kmを30分程度で走るジョギングをしてみている。身体にダメージを残さない程度なのだけどとても気持ちがいい。

運動中のステータスとログが持続の鍵ってのも年寄り臭い気もするけれど、実際楽しいんだよね。距離はずっと積み上がっていくしオーバーペースで身体痛める心配も少なくなるし、怠けないし。

– Posted using BlogPress from my iPad.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。