ロングパスワードと上書きアップグレード

Pantherでは、ログインパスワードにロングパスワードが使用できるようになった。スクリーンセーバやスリープからの復帰の際に、従来の先頭8文字のパスワードではなく、長いパスワードが使えるようになったのは安心だ。

が、落とし穴がある。JaguarからPanther上書きアップグレードを行った場合、ロングパスワードは使われず、従来通りの先頭8文字のパスワードでログインやスリープ復帰の際のダイアログを乗り越えられてしまう。

Jaguarからのアップグレード組で、8文字以上のパスワードを使っていたならば、システム環境設定の「ログイン」で再度パスワードを登録し直しておこう。

なーにを

偉そうに、ってやつですな。ロングパスワードが何文字までかもわからんくせに(汗

つか、Jaguarからのアップグレードで、FileVaultを10.3リリース直後からオンにしっぱなしで、目立つトラブルは経験していないんですが、珍しいのかしらね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。