三日目


なんだかんだでE61も3日目。

小さな「フル」キーボード

E61はSoftbankでも売り始めたのでそろそろ店頭でも触れるようになってきているかもしれないけど、ホットモックや実機に触れる機会はあまりない。私も八重洲のNokia Storeで触れるまでは、正直怖かった。満足度が満点とはいえないWindows mobile機よりも小さいのだから、あんなに小さなキーボードで本当に大丈夫だろうかってのが真っ当な感想だろう。

初めて触る人がよくやるように、指先の固いところで狙ったボタンを押そうとすると相当印象が悪いキーボードだけど、もっとがさつな指先で使うことが想定されているのだから適当に押し込めばいい。概ね狙ったキーにヒットするように設計されている。

長いストロークと盛り上がったキートップは指先に痛いけど、指の腹で適当に押し込んだときに中央を射抜く為のデザインだ。Treoなどの先行事例をよく研究してるのだなぁ。

実際にE61でこのエントリをかいているが、だんだん慣れてきた。日本語は変換挟むのでキーボードを見ないで入力できる様にならんと辛いな。

viモードが欲しいよ

カーソルの移動にジョイスティックだけという仕様が長文のメモには辛い。カーソルキーを配置する余裕はなかったのだろうけど、viかemacsモードが欲しい。

タフネス

試しに、新幹線の車中で一時間ほどノートを書き続けてみたが、バッテリの目盛りは少しも減らない。日本の端末だと目盛りが減り始めたら容量はどうあれ、使用できる残り時間はほとんど残っていない、という機械が多いのだが、Nokiaはどうだろうか?

ちょっと困っていること

  • 時計がない
    標準の状態だと時間が表示されない。携帯を持つようになってから腕時計で確認する習慣がなくなっているから、これはちょっと辛い。
  • MacBookのAirportブリッジに接続できない
    設定ミスぽいので腰を据えてからもう一度挑戦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE