久しぶりにマウス購入


久しぶりにマウスを購入した。1600dpiのレーザートラッキングは、いいぞ。

LOGICOOL レーザーマウス 2000dpiゲーミンググレードエンジン搭載 G-3LS

LOGICOOL レーザーマウス 2000dpiゲーミンググレードエンジン搭載 G-3LS

前回購入した無線の左手用マウスは、やはり無線のトラッキングが不満で1ヶ月程度使ってみたけれど反応が悪く使用を断念。

今まで使っていたLogitechのMX-310は底が削れてしまい摩擦抵抗が大きくなっていたのでかなり切実な状況であった。同形のマウスはまだ売っていたので予備を購入してもよかったのだけど、材質が安っぽくなっているので購入に二の足を踏んでいた。

いま買うならレーザーマウスが欲しかったのだが、なぜか無線のマウスしかない。あんなに反応が悪い無線マウスでレーザなんか意味ないだろう。氷の上をフルパワーで走ってもなぁ……などと思っていたところ、今日、ヨドバシの店頭で妻が使っているLogitechのゲーム用マウスの新型を発見。即購入。このシリーズはゲーム用として売られているけど、グラフィックソフトウェアの操作にとても有用なことは体験済みだったのだ。

接続/雑感

繋いだ瞬間、指の神経とポインタが繋がったような錯覚を覚えた。初めて光学マウスを使ったときに感じたダイレクトさよりも数段高い。

このG3レーザーマウスはドライバを入れなくてもマウス中央部にある解像度変更ボタンで800dpi⇔1600dpiを切り替えることができる。マウスを1600dpiに設定してSteerMouseでポインタの速度を遅く設定すると、今まで得られたことのない滑らかさでポインタを操作できる。

サイドボタンが今まで使っていたMX-310よりも飛び出しているので間違って触ってしまった。ま、これは慣れで解消できる範囲だ。

マウスのサイドがラバーグリップになっているので指が滑りにくいのはうれしい。軽いマウスはぶれやすいのだけど、グリップが指を捕まえてくれるので安心だ。摩擦を抑えるための底面のシリコン素材もいい感触。

ドライバ

Logitechのドライバは伝統的にMac OS X用がダサいので今回もスルーしようと思っていたのだがとりあえず確認してみた。でんでんだめ。何も変わってないので、今までも使っていたSteerMouseを使うことにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE