久しぶりにVNCクライアントを捜してみた

妻の確定申告を手伝うために、Windows用の青色申告ソフトを購入してきて(BIZソフトのなんとか、ってやつ。夫婦揃ってウィザード形式のソフトを信用していないのだ。あ、ウチの会社もなんか売ってたかもしれない、といま気づいたけどお店に並んでなかったからいいや。なんで売ってなかったんだろう……)

仕事場のWindowsは妻のデスクのモニタにKVM+Synergyで繋がっていて*1あんまり動かしたくなかったので、VNCで入力することにした。MacでWindowsのアプリケーションが動作するようになったりSynergyが使いやすかったりするので、VNCを使うのは久しぶり。IntelMacで使うのは初めてだ。というわけで久しぶりにVNCクライアントを捜してみた。

仕事で管理に使うならApple Remote Desktop 3 Unlimitedマネージドシステムってのが通り相場になってしまったけど、ヘッドレスのダムPCをちょいと使いたいだけの用途にはちと道具が大きい。Versiontrackerで探してみるとこんな感じか。

vine viewer icon

定評があるChicken of the VNCは安定して動いてたけど、サーバとコンビの新参Vine Viewerがなかなかいい。

新しいだけあってReal VNCでサポートされているZ-RLEをサポートしてるので、きびきびした動作が好印象。

コントロールパネルも普通のユーザインターフェイスなので結構扱いやすい。Over SSHにきちんとインターフェイスがあるのも安心だ。

vine control panel vine window

縮小表示モードでの動作がきびきびしているし、しばらくは必要になったらVine viewer使っとくか。

4件のコメント

  1. Windows 相手なら、RemoteDesktop の方が良くありませんかね? それとは別に、圧縮対応ってのはそそりますが(^^; > Vine Viewer

  2. あー、ARD ではなく、Winows のリモート接続です(^^; > RemoteDesktop。あと、ARD3 はいいソフトですが、画面共有「だけ」ができればいいって場合は、とりあえず今は我慢した方がいいです、はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。