二つの辞書アプリと……

iPhoneに3つの辞書アプリケーションを入れている。

Dict App for Japanese icon

WISDOM英和・和英辞書

i英辞郎

WISDOMはiPhone購入後に初めて買った有料アプリケーションで、まぁ、値段もそれなりに高い。

i英辞郎は文例などがWISDOMよりも充実してるというレビューを見て購入してみた。

起動画面

起動画面からして価格差が現れてるというわけじゃないだろうけど、アプリケーションの姿勢がよく出ている。左がWISDOMで右がi英辞郎。

Dict App for Japanese WISDOM Dict App for Japanese iEijiro

WISDOMは物書堂さんのデザインに対するこだわりが本当に伝わってくる。昔のよくできたMac用アプリってこんな雰囲気のものが多かったな。と言うようなことを思い出すね。i英辞郎はシンプルな起動画面。動けばいいやというほど粗い雰囲気は感じない。

検索中の画面

Dict App for Japanese WISDOM search Dict App for Japanese iEijiro Search

WISDOMはインデックスに漢字が表示され、i英辞郎は用例や目的が表示される。どちらもそれなりにいいところがあるけど、あえて言うなら単語そのものを検索しているときにはWISDOMの方が個別のエントリそのもののリッチさもあって使いやすい。翻訳みたいなことをするならi英辞郎の方がいい。英語からの検索なら用例が表示されるi英辞郎の方が使いやすい。

検索結果

Dict App for Japanese WISDOM result Dict App for Japanese iEijiro result

エントリーの内容は圧倒的にWISDOMの方がリッチだ。音声データも幾分か含んでいる。エントリ間のリンクもWISDOMでは満足いくほどはないものの、それなりに動作しているので電子辞書的なワードザッピングは楽しみやすい。用例はどちらも変わらない印象を受けるね。

ただ、WISDOMに限らんのだけど基本単語の発音なんかどうでもいいから、フランス語やラテン語由来の読みのわかりにくい単語の方にこそ音声入れてくれよって思うんだよな。

まとめ

どっちも買ってよかったかな。それなりに使えるし。

使い方としては日本語から引くときはi英辞郎が楽。用例や目的語が載っているのでエントリを開く前に検索結果が外れかどうかわかりやすいから。英語から引くときはWISDOMを使う。エントリの内容はWISDOMの方が読みやすいからだ。

一番使う辞書は

で、私が一番使う辞書は、上記いずれでもない。wwwJDicだ。懐かしいね。JDicがオンライン辞書を使うiPhoneアプリになってるって言い方で通じる人もこのブログ読んでますか?

wwwJDic

wwwJDic

もう、これが貧弱なインターフェイスでマトモな方には全く勧められないんだけど、漢字一文字からの検索が便利なのよ。読みを一個でも知ってればなんとかなるし、日本語でも相当マイナーな漢字を一発で当ててくれる。また文字の意味が英語で書いてあるのでヘタな日本語の辞書よりも役に立つ。

検索画面は、ほんとにこれがiPhoneアプリか?ってぐらいしょっぱい。左が単語モード、右が漢字検索。単語モードではたくさんの辞書を使うことができる。

wwwJDic wwwJDic

単語モードの検索結果はこんな感じ。

wwwJDic

まぁ、それなりに使える程度。簡素な英語表現が今っぽくていいね。

この辞書の(日本人にとっての)神髄は漢字検索だ。意味と読みから検索できるんだがこれが本当にすごい。例えばTakeを意味から検索してみると以下のような候補が出てくる。

wwwJDic

これはmeaningにtakeが含まれている文字がすべて表示されている状態だ。知らない漢字が山のように出てくる。

そして漢字のエントリ。

wwwJDic wwwJDic

各種文字コードがずらーっと並んで最後に読み、意味が出てくる。中国語や韓国語での読みがあるのもけっこう役に立つかもしれない。

翻訳してるときなんか最高に役に立つね。適当に英語を入れると関連する漢字がずらっと並べられるので、日本語Thesourusとして使ってる。

これが無料アプリなんだよね。辞書はオンラインのを使うんで容量も食わないし起動も一瞬だから、面白さを感じる人にはオススメ。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。