内蔵HDDが寿命か?

MacBookの内蔵HDDをTOSHIBAのSATA 200GBMK2035GSSと入れ替えたのだが、Leopardへのアップグレード前から異音を発している。回転停止しそうな音がこの3週間ほど続き、Time Machine同期のときはずーっとワンワン鳴り続けている。

たった半年。安物だからしょうがないが、HDDの寿命も短くなったものだなぁ。

2.5インチで最大の200GB HDD登場、東芝製SATA接続

また買い直しておこう。今週はTimeMachineからの復旧を試みてみるか。

しかし、このHDDってHDDレコーダーやカーナビにも搭載されている製品ではないだろうか。半年程度の寿命というのはヤスモノの消耗品を買ったという認識があれば納得できようが、納得しない人も多いような気がするな。

バルクの非保証品

TOSHIBAの名誉のために、追記しておく。

私はMK2035GSSを正規代理店(そんなものがあるのかどうか知らないが)でリテール品(エンドユーザが購入できるのかどうか知らない)ではなく、ヨドバシカメラ新宿店で無保証のバルクを3万円以下で購入している。

保証書はついていたが検印されていないためサポートを受けることができない典型的な箱なしのバルク品で、初期不良はなかった。半年間は不具合らしい不具合もなく使えていたので、特に不満には思っていない。よく動いていたと思う。

正規代理店や真っ当なリテール品目を売っているのを見たこともないし、200GBという容量に依存しているのでまた同じバルク品を購入するだろう。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。