初めてGPGで他人とやりとりした

いやはや嬉しい。

今までの「GPG運用」って何だったんだとツッコミ受けそうですが、私はGPGメールを自分とやり取りしています。

いろんなアカウントへのログインをメインマシンとiBookの両方で行うのですが、このパスワードとアカウントを共有するのををメーラーでやっていたのです。この方法なら、万が一他人にメールを盗み読まれても、情報が漏洩する危険は少ないし、メーラーという毎日使うアプリケーションでデータベースを作っているから閲覧するのも面倒じゃない。

Mac OS XにはKeyChainという便利なヤツがいて、アップグレードのたびに対応範囲が広がっているので徐々に出番は少なくなっているのですが、それでも旧いアカウントや、KeyChain対応していないアプリケーションを使うときには便利だったりします。

また、こういう使い方だとキーフレーズを入力する頻度が高くなるので、長いキーフレーズも忘れにくいと言うメリットも…てのは、鳥頭の私だけにとってのメリットか(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。