外国で病気になったら……

というわけで、会社に来てる韓国人を今日病院に連れて行った。高い偏差値くぐり抜けてきた医者なら簡単な英語位しゃべってくれないかなぁ、なんて期待したんだけど、アテンド風に私が付いていたんで、結局通訳――っていうほど英語はスムーズじゃぁないんだけど――する格好になった。

10分程度の問診でPLと抗生物質を4日分出してもらって5,000円。保険適用されないと結構高いんだよね。

外国で病院に行かなければならなくなったら、とにかく旅行保険(ちょっとしたクレジットカードには付属してるよね)の代理店に電話して保険が適用される条件を問い合わせて行動するのがベスト。自分がそうなったらなかなかそういう頭が回らないのがイタいところだし、国営保険のない国だと薬局に頼ることもあるかもしれないけれど、アレルギー、体の部位、痛み、寒気などを簡単に表現できて、薬の名称(感冒薬、抗生物質、鎮痛消炎剤)程度を英語で言えるといいかもしれない。と感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。