妻にSafariStandの存在を教える

妻がWeb制作しているのをみて、いつも「なんて効率が悪い手順でやってるのだろう?」と疑問に思っていたので昨日SafariStandを知っているか聞いてみた。ごめん、私が教えてなかったのだ。

Mac OS XでWeb制作している人なら必携のツール。もちろん制作してない人にも便利な機能が山ほどあるけど。

本来の機能であるStandBarではブックマークや履歴をインクリメンタルサーチできる。数十分で100超える履歴がたまってしまう製作中にはマジ必須。他にもいろいろ便利な機能が搭載されてたりする。

ソースエディット機能

なによりソースをon the flyで編集できる。JavaScriptやCSS、フォームの改変などを行えるので作業シミュレーションが簡単に行えるし、Safari非対応サイトのフォームを……不正アクセスになるからいい子はまねしちゃ駄目です。とにかく、DebugメニューのSnipper Editorも便利と言えば便利なのだけど、ソースウインドウのApplyボタンにはかなわない。

ソースのカラーリング機能もすばらしい。

SafariStand’s source editor

サイドバー

タブで開いているページをサイドバーにサムネール表示する機能。Safariのタブは使い勝手を維持するためなんだろうけど、二段にもならないし、横にスクロールもしていかないので7つ程度を超えるといきなり扱えなくなっていたのだが、SafariStandのサイドバーで解決するはず。

SafariStand sidebar

作業環境復帰

最後にサファリを終了したときのページを開き直してくれる機能が最新版で追加されてる。これ、本当にうれしい。

4件のコメント

  1. あ、そうだったんですか。ちょうど今リファレンス作成でhtmlファイルを大量に扱っていたものですからブラウザで確認しつつ変更できて便利~と思っちゃいました。
    ちゃんと手動で変更し直してやらないといけないわけですね。ありがとうございました。

  2. Stand入れてみました。うひゃ。便利ですね。ところでソース編集ってサーバ上のソースだけしか編集できないのでしょか。HDD上のhtmlファイルはソース表示してApplyしても元にもどっちゃいますね。

  3. サーバやHDD上のソースを変更している訳じゃなくて、Safariが読み込んだソースを一時的に変更する機能です。一度アップしたソースを試しに直してみるとか、JavaScriptのデバッグにつかうとか、そういう使い方をするためのものです。上手く言ったらサーバやHDDのソースにコピペするわけですね。

  4. どもです。
    確かに、ブラウザから修正できるといいですねぇ。
    ん?できなくもないのかな?そういうときは、そういうPHP書いて、innerHTMLで上書きするJavaScriptとPHP書いてしまえばいいんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。