富士見ヶ丘駅前の葬儀場計画

引っ越してくる前からもめにもめていた富士見ヶ丘駅前の葬儀場計画が、例の偽装事件のあおりを受けて頓挫しかかってるらしい。

はてなマップで現場をみる

ちょっと長めに引用してみる*1

★12月1日 杉並区は富士見ヶ丘駅前葬儀場の建築確認を取り消したことが明らかになりました。品川区の東急大井町線「中延駅」隣に計画された「さくら相互」(本社・大阪)の葬祭場についで建築確認を取り消されたものに続くものです。
建築確認を取り消されたのは、いま耐震偽造設計でマンション建築確認などで問題になっている指定確認検査機関「イーホームズ」です。富士見ヶ丘駅前葬儀場も中延駅隣の葬儀場も同じ「イーホームズ」が建築確認を下ろしていました。

日本共産党杉並区議会議員~原口昭人ホームページ

知る人ぞ知る富士見ヶ丘駅前の危険な踏切近くに葬儀場が計画されていて、地元商店会や住民から激しい抗議活動が続いているんだが、旧さくら銀行跡地の取り壊しではアスベストが出るとのことだわ建築確認は取り壊されるわ、ここまでモメてるのに強行する保コーポもいい心臓してるよほんと(w。

地元商店会は線香臭くなるのがイヤんなんだろうが、署名は来ていないが私も反対である。

実際のところ、生活道が甲州街道へのショートカットに使われているんだが、駐車場から霊柩車が出せるのかどうかも厳しいぐらい狭い道に面していて、葬儀に来て事故に遭うってことも充分あり得るぐらいヤバい踏切のそばって、葬儀場としては完全に不適切だろうよ。しかも、故人を悼むために駅をおりてきたら「葬儀場反対」なんてのがお出迎えするわけで、気持ちよろしくないよね。私はそういうところで行われる告別式に行きたくないな。

*1:このページは、内容が保存されるかどうかわからないので、ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。