小津黒澤法?

日本でも、みっきまう…法とおなじ理屈で映画の著作権保護期間が70年にのびてしまった。みっきま…法とおなじように、20年後にまた20年延長するのだろう。一世紀も前の著作物がコモンズではないという不自然な状況が生まれつつある。

とにかく、小津黒澤法などと陰口を叩かれないことを祈ろう。みっ…と違って彼等が自分の権利をいつまでも抱え込んでいるわけじゃぁない。

もう一つの、白いカラスがいないことを証明するのと同じぐらい難しい、コピってないよ証明も恐すぎる。ソースコードなどで比較できるものならともかく、┣茲箍山據∧験悗両豺隋∋?討い燭世韻覗覆┐魑?海擦襪掘∩覆┐蕕譴進?麓??脳斂世靴覆韻譴个覆蕕覆ぁ

この改正は、今現在から将来に渡って創作活動を行う人間に冷や水を掛けるものだ。もちろん、吐き出さなければ生きていけない性を持つアーティストはこんな法律など気にもとめずに創作活動を続けることだろうが、その「権利」は彼が死んだ後、彼の後を追う多くのアーティストの手を縛る。

自由省が人間の自由と尊厳を奪う機関、てのは1984以来多くのSFで描かれたディストピアの象徴ではあるが、現在の日本でも著作権は創作活動の自由を奪うために用いられるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。