意味のない勧告

こんな危険な勧告を行うのは、やっぱりeEyeか。

クラッカーの知力と努力を舐めてないか?でも書いたが、このセキュリティ企業はデスクトップOSのセキュリティホールを探るクラッカーの知力を侮っている。

リモートからのアタックでコード実行を行える脆弱性、なおかつ、Mac OS XとWindowsの両方、そして多くのiTunes。ここまでの情報が与えられてチャレンジすればいいんだよね。

単純にiTunesがクラッシュするようなBOFがあるだけかもしれんけどな。個人的には、そっちの可能性が大きいと思ってるし。

Software Affected:
Various Apple iTunes versions

Operating Systems Affected:
All

Status:
Initial report stage

Protection: Blink Endpoint Vulnerability Prevention mitigates any potential exploitation of this vulnerability, without requiring a patch or invasive firewall actions.

EEYEB-20051117b

んで最後にはこれの売り込みが入るわけですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。