手描き補正フロントエンドプロセッサ

SKIT

手描きのドローラインを補正して幾何図形に定義する機能はアプリケーション単位でやっているソフトウェアはいくつか知っているけれど、汎用のFEPでの実装はやはり面白いものです。

タブレットPCも以前よりは普及しつつありますし、液晶タブレットも馬鹿げた値段、というほどのものでもなくなっているのでこういう研究は徐々に実を結んでいくことでしょう。

PS

公開おめでとうございます。ぜひMacに研究ベースをうつし……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。