数を数える名前順ソート

Mac OS Xの名前順ソートがとても扱いやすいことに気付いたのは、もう何年前になるんだろう。でも、あんまり知られてないんだよね。使っているとあまりに自然だから気付かないし、古マクも含め、だっさいソートにしか触れていない人はきちんと数字を並べてくれるコンピュータがこの世にあることも知らないから気付くはずもない。

Mac OS Xの名前ソートでは、1 → 2 → 3 … → 9 → 10とファイルが並ぶ。

あたりまえ?1 → 10 → 2 じゃないんだよ。数を数えるなんてことはコンピュータにでもやらせておけばいいじゃない。

とか書いといてWindows XPできちんと並ぶことを確認した。あ、そうだ。この条件じゃない。

a1→a10→a2にならない

Mac’s ergonomic name sort

単純な数字だけのファイルならWindowsでも並ぶんだった。忘れてたよ。

スクリーンショットのように[文字列A]数字[文字列B]の場合でも、数字を並べてくれるんだ。Windows XPでも同様。

もちろん、普段は見た目もそろえたいし他のコンピュータに渡すときのために桁をあわせておくものなんだけど、連番画像のようにimages_001.tifとかで作り始めて1000枚超えてもきちんと並んでくれたりする。連番を読み込むツールが対応してなきゃ意味がないんだけどね。

Flickrにアップしたスクリーンショットにうれしい引用

Flickrにアップした写真に、尊敬するデザイナー、ウイリアム・モリスの言葉がコメントに投稿されていました。

The secret of happiness lies in taking a genuine interest in all the details of daily life, and in elevating them to art.

William Morris

**更に有用な情報も頂く

先にウイリアム・モリスの言葉をコメントしてくれた方がphpのnatsort関数も教えてくれた。知らんかった。これ、便利だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。