普通のプレイヤーで音が良くなるCD?

SHM-CD Super High Material CDなんていうものが出ているらしい。

素材の透明性が向上したことで、より正確な再生ができるのが売りらしい。

ちょっと待てよ。「より正確」ってなんだ?CDに記録されてるのはビットだろ。サンプリングされたデジタルデータだろ?「より正確」って何事だ?コンピュータでCD-ROMに焼き付けられたデータはすべてのビットが正確に記録され、読み出されなければ意味をなさないんだが、CDプレイヤーは違うのか?

という疑問を持って、音楽CDプレイヤーの売り場に行ってみたら、頭の痛いことがたくさん書いてある。ン万円~ン十万円もするプレイヤーは、ハンパなデータを各社各様に埋めて再生する手法が売りらしい。

そんなくだらないことに20年も血道を上げてきたのか。

リアルタイム処理系で信頼できないデータを使える状態にする、ってのは重要な技術だ。でも、こと音楽CDに関しては10年前ですら8倍速で読み取れるプレイヤーは当たり前に存在していたし、いまなら数千円のプレイヤーでエラー処理考えても2秒で一分位読めちゃうんだよ。先読みして数MB程度でもメモリにキャッシュして「正確な」データを読み出すようなことをやらずに解釈の勝負に持ち込んでどうするよ。

SHM-CDのWebサイトには以下の注意書きがある。

※ 通常CDとの比較における音質変化の度合いは、再生環境によって異なります。

SHM-CD Super High Material CD

この規格に携わっている人が知らない訳がないだろう。PCへのリッピングで全く差が出ないことをあえて書いていないのは、ここまで携帯音楽プレイヤーが普及している現状ではアンフェアと言ってもいいんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。