来るたびに変わる中国

中国は、来るたびに変化する。この2年ほどで7~8度中国に来ているのだけど今回もやはり驚きがあった。

まず、iモード接続エリアが驚異的に広がっている。FOMAのローミングは合肥全域で使えたのだけどiモードは空港周辺とホテルの中しか使えんかったのだが、今回来てみるとそこらへんの路上でもしっかりiモードが接続できるようになっていた。パケホ対象外なので(しかもかなり高い)控えているがモバツイ快調である。昨年も北京にひと月おきに行った時期があるのだけど、このときもローミングエリアが広がり続けていた。

建物や道路がものすごい勢いで出来上がっていくのも、今の中国の特徴かな。市内中で工事をしているような雰囲気に包まれている。この間橋脚しかなかった高速道路が開通していたのには驚いた。5年以上も橋脚だけ置きっぱなしの首都高速とはえらい違いだ。

ミニマムなところでは、ホテルで部屋に届く新聞が英語の新聞になっていたりする。サービスも向上してるわけだ。中国語の合肥日報をとどけられてもなぁ、と思っていたところだったので大変ありがたい。

今週末は合肥の市城内に行ってみようと思っている。どれ位変わったのか、楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。