>渡り鳥を眺める

>

今日は妻と井の頭公園に渡り鳥を眺めに行ってきた。渡り鳥といっても知らなきゃカモ一族でしかないのだが、昨年妻から「あれはオナガガモ、あれはキンクロハジロ」などと聞かされて少しは見分けがつくようになった。右の写真にはオナガガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ハシビロガモがいることがわかる程度でしかないのだけど(今、妻からスズガモいないよ、と指摘された。まぁ、私のネイチャー力なんてそんなもんです)

お気に入りはキンクロハジロ。他のカモ一族と比べると体が一回り小さくて、冠羽が後ろにすこし飛び出している。潜水する様子が可愛らしいので寒さを忘れてぼーっと眺めていた。


一年中いるシラサギも沢山の水鳥と一緒にいると体の大きさや肉食獣特有の振る舞いが際立つ。大きな肉食の鳥が首を巡らして獲物を狙っているのをみると恐竜の子孫ってのがわかる気がする。


この時期の東京の空は澄んでいるので日没も美しいね。

余談なのだけど、このエントリーはiPadにCamera Connection Kitを使って写真を取り込んで、Blog Pressというアプリで書いている。以前はFlickrにアップロードしたコードを拾ったりするのが面倒でブログから遠ざかっていたけれど、リビングでぽちぽちと写真つきのエントリーあげられるのはいいね。

– Posted using BlogPress from my iPad.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。