猫にHackされまくっているiBook

FaxサーバをiMac Rev.BからiBook G4に入れ替えたのだが、涼しくなってから我が家の黒猫に思わぬ脆弱性を突かれている。

SafariでGoogle検索

ある日、iBookのSafariにSamSpade.orgが表示されていた。妻がIPからホストでも引いていたのかと思っていたのだが、身に覚えがないという。

ファイル名称の変更

いくつか置いてあったデスクトップのファイルが「っっっっっっっっっっつあmrdk」とかの名称に書き変わっていた。Mac OS XのFinderはファイルが選択されていると、Returnキーでファイル名称変更になる。

妻にSPAM送信

この頃から妻に空のFAX受信メールが飛ぶようになった。Fax受信フォルダの中身が変更されたら受信メールが送信される設定を悪用されたらしい。ファイル名称変更攻撃をFax受信フォルダ内のファイルに対して行っていたらしい。

謎のファイルをプリントアウト

謎のコードが書かれた紙やプリントした覚えのないFAXまでプリントされていた。

キーボードロックを解除

ここまでやられた時点でKeyBoardクリーナーというキーボードロックアプリケーションを用いて防衛したつもりになっていたのだが彼女はCommand + Qで解除する方法を一日で見つけ出した。

iBookが謎の英語をしゃべりだす

VoiceOverをオンにするショートカットを押していたらしい。このショートカット、私も存在を知らなかった。

モニタが白黒反転

ユニバーサルアクセスの画面白黒反転が行われていた。一瞬壊れたかと思った。

電源オフ

電源が時々落ちている。

寒くなったので、暖かいiBookのキーボードの上を寝床にしているだけなのだが、よくもまぁ、これだけのことをやってくれるものだ。

妻がキーボードの上にペーパートレイをかぶせているのでしばらくは安心である。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。