英語インターフェイスに変更

非常に安定しているのであまり気にならないのだが、きびきびした動作が欲しかったので英語インターフェイスに切り替えた。

文字入力の初期設定がアルファベットになるが、日本語の使用には全く問題ない。翻訳が不自然で(国産i-mode端末の意味不明な用語に比べりゃマトモなレベルだ)操作を迷っていた部分がスムーズになったのは嬉しい誤算。

日本語モードではすべて同じフォントで表現されていたGUIに、セリフ体とミニオン系が加わったので見やすくもなった。

かなりおすすめ。

China MobileのUSIM入れてから使用頻度が極端に上がっている中国語の表示を何とかしたいなぁ。まず正面からNokiaのサポートに連絡してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。