観劇

バズノーツの『バズノーツのマクベスPPR』を観に行った。

かなり微妙なラインを狙った(座長にも伝えたが、胃の痛くなるほど調整の大変な)演出で、シェークスピアの古典を、きちんと現代劇として演っていた。この演出はプレイヤーズプレイとしては成功していた、と言えるんじゃないだろうか。少なくとも私は大変楽しめた。

活動休止前のバズノーツ(天使エンジン)では増田さんの知的な戯曲が大変気に入っていたのだけれど、今回の復活後、どんな作品を出してくるのだろう。楽しみに待っているよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。