鉄筋コンクリート造の高層ビルディング

エアコンの穴で耐震性低下、団地1棟もう住めない 大阪を読んで思い出した。

昨年仕事で二回ほどマニラに行ってきたんだが、大変な恐怖体験であった。

数十階建てのビルがぽろぽろ作られているんだが下のフロアはもうテナントが入ってたりして、だらだら作ってるんだなぁ、と上を見ると、鉄筋が上部階からにょきにょき伸びている。そう、鉄筋である。針金の周りにコンクリート流し込んで高層ビルディング作ってるのかよ。勘弁してくれ。

仕事で何度か行ったオフィスも28階建てでガラスに覆われた、日本のビルと同じように見えるビルの中腹にあったが、なぜかコンクリートの構造壁が大量に……え?これ鉄筋なの?ってなもんだ。また、フロアによってはエレベータホール以外の壁が完全に取り払われていたりして、どこにも柱がないなんてこともある。鉄骨じゃあ無理だが、鉄筋コンクリートなら大阪の業者よろしく邪魔な構造壁をぶった切ってしまったんだろうな。地震でもあった日には、そのフロアがペッシャンコになること請け合い。いや、ビルがそのフロアでポッキリ折れてしまうか。

なかにはマトモなビルもあるんだろうが、長期滞在は遠慮したいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。