電話iPhone

10日の19:30から表参道に並んでいたのだけど、11日の早朝、テレビ東京の取材を受けた。オンエアされなかっただろうけどね。

スタッフ「iPhoneのどこに期待していますか?」

t_trace「電話機能に期待しています。」

スタッフ「電話ですか?iTunesとかの連携じゃなくて?」

t_trace「電話としてとても期待しています。」

スタッフ「そうですか(不満そう)。どういうところを期待しているのですか?」

t_trace「あるべき姿だと考えています」

スタッフ「ありがとうございました(ものすごく不満そう)」

スマートフォンなE61とWi-Fi端末iPod touchを使っている私がiPhoneに期待していたのはまさに電話機能であったのだから別に奇をてらった答えをしているつもりはなかったのだけど、期待しているような答えができなくてごめんね。

こんなことを言ったからじゃないけど、iPhoneの電話機能もとってもよくできてると思うよ。600件近く登録されている連絡先から肩書きや所属先なども含めた属性で検索して使う機能がストレスなく使えるってことや、お気に入りの登録、長大な通話履歴をフリックして飛ばしていける感覚は他の電話機で得られなかった感覚なんだけどな。

感想をぽつぽつ書いてみます。

感動

iPhoneは、違う。なにと違う?どう違う?と聞かれるととても困ってしまうのだけど……ちょっと体験談を書いてみよう。退屈かもしれない。でも、私は感動したんだ。

iPhoneを購入した直後、MacBookと繋いで電話帳を繋ぐため電源を借りられる場所に行きたくなった。最近、マクドナルドでは一人用の席にACが用意されているところが多いし、ホットスポットもあるからね。ところが、原宿はほとんど来ない街なので全く地理がわからない。

購入したばかりのiPhoneのGoogle Mapを起動して、現在位置を検索してみたら、見慣れたGoogle Mapの上に数秒で自分の位置が表示された。GPSははじめてじゃないんだけど、いつも見ている地図の上に表示されたことはなかった。この感動は言葉に表しにくい。立っているここが、わたしと繋がった。とでも言ってみようかな。そうとしか言いようがない。

検索ウインドウに「マクドナルド」と入力すると、竹下通りのマクドナルドと、自分の立っている場所がまとめて表示された。正面に数十メートル歩いて、右か。画面を見ながら少し歩を進めると、地図がスクロールしてついてくる。いままで、画面をドラッグしてスクロールしていた地図が自分と一緒に歩いてくれる。

私がやったことは3つだけ。ホーム画面でMapをタップ。左下のアイコンをタップ。検索ウインドウにマクドナルドと入力する。たったこれだけのことで、街と繋がることができる。ホットスポットにいるとか、ネットワークに繋がっているとか、通信料金とか……そんなことを全く考えることなく、二回タップするだけで自分の位置を知ることができて、文字を入力すると、目的地を探すことができる。きっと~と~を~なプランで使えば同じことができるのかもしれないけれど、私はiPhoneで世界と繋がっている自分を発見できた。その感動を伝えるのに、これは適切な文章になっていないかもしれないし、はてなダイアリーは適切な場所じゃないんだけど、それでも書きたかった。

iPhoneは、Wiredになることができる端末なんだ。

音楽とでも、ネットワークサービスとでも、知らない場所とでも、友達とでも。

外観

私が購入したのは黒16GB。重心が中央にあるように感じられるのでiPod touchよりも軽く感じる。実際に長時間使っているとiPod touchより重いことがわかるのだけどね。

白も黒もきれいだ。

石から削りだしたかのような感触と重量感は本当にすばらしいよ。

iPod touchは、昨年10月に入手してからiPhoneを購入するまで耐久テストするつもりでジーンズの前ポケットに突っ込んで持ち歩いていたのだけど液晶面には傷ひとつ付いていない。さてiPhoneはどうだろうか。

電池

電池の容量は厳しい。3Gの通話とロストしたアンテナを探すための電力がものすごく大きいことはE61で経験済みだったのだけど、やっぱり厳しいと感じる。待受状態での持ちは悪くないように思うけど、新幹線みたいな厳しい状況で使ってないからわからない。

音楽よりもSafariよりも電池食うのが通話w。これもE61で経験済みなんだけど、通話すると電池は目に見えて減るね。ただ、iPod同様に電池残量はリニアに表示されているようなので、20%程度からいきなり電池切れってことはないようだ。いまのところは、だけど。

どこでも充電できる環境はある程度整えておいた方がいいな。電池は厳しいなぁ。

速度

明らかに、iPhone OS 2.xをのせたiPhone 3GはiPod touchのOS 1.xより遅い。購入してまず英語インターフェイスへの切り替えを行った。これでだいぶましになる。バイナリのプロフィールの最適化かキャッシュが動作しているようなのでしばらく使っている機能は高速動作するようになるのだけど、イニシャルの速度が我慢ならない人は英語インターフェイスにすることを勧める。マニュアルなしでも使えるようにできてるさ。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。