4~6GHz Dual-Coreか。

Microsoft is expected to recommend that the “average” Longhorn PC feature a dual-core CPU running at 4 to 6GHz; a minimum of 2 gigs of RAM; up to a terabyte of storage; a 1 Gbit, built-in, Ethernet-wired port and an 802.11g wireless link; and a graphics processor that runs three times faster than those on the market today.

Microsoft Watch:Longhorn to Steal Limelight at WinHEC

正直なところ、それ位重くなってくれると、レンダリングサーバ用の安価PCのスペックも向上するんで正直助かる(w

2006年リリースかぁ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。