4.11 Client-side database storageすこしずつ。

openDatabase()はデータベース型のオブジェクトを戻す。このメソッドは、データベース名、データベースのバージョン、データベースの表示名称とデータベースの初期確保容量の、4つの引数を持つ。

データベースのバージョンが(空ではなく)引数で指定されているときに、指定したバージョンと異なる同名のデータベースが存在していると、INVALID_STATE_ERRの例外が発せられる(try/catchで拾うことができる)。

openDatabase([database name], [database version], [display name], [estimated size in byte])

try {
if (window.openDatabase) {
db = openDatabase("DBNAME", "1.0", "db for test", 200000);
if (!db)
alert("何らかの問題あり");
} else
alert("データベースに対応していない(あるいは無効にしている)旨の警告");
} catch(err){
alert('データベースのバージョンが異なるか、または作成しようとしているデータベースと
同名で異なるバージョンのデータベースが存在しています。');
}

とか書きはじめて思った。まずなんか作れよ>俺。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。