Adobeの独自横スクロールインターフェイス

Mac OS XのCocoa APIが提供しているスクロールウインドウはMightyMouseが登場するずっと以前から、Shift+ホイールで横スクロールする。Windows用の横スクロール対応ホイールが可変速度ではないのと異なり、ホイールでの可変スクロールが可能なので、実はとても便利だ。慣れてしまえば画像を拡大したまま自由自在にナビゲーションできる。

便利に使ってるのはFInder、Preview、Safari、Shade、CotEditorあたりかな。

Cocoaではないアプリケーションの代表格、Adobeでこのスクロールが効かない。上下スクロールしちゃうわけなんだが、Command+ホイールで横スクロールすることに今日気づいた。これ、コンフィグできないのかよ……つかえねぇ。

強い理由がないならプラットホーム標準に合わせるのが基本だよ。

プラットホームの都合無視の代表選手、Firefoxですら(描画速度が遅すぎるので相当気持ち悪いが)横スクロール自体は動作するというのに……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。