Adobe Illustrator CS6日本語版を英語環境で使う

先週アクティベートされたAdobe Creative Cloudで早くも挫折しそうな問題にぶちあたる。IllustratorがCS以来ずーっとできなかった英語環境での起動に、未だに対応していない。PhotoshopはCS3の頃だったか、英語環境で日本語版が起動するようになったのだが、Illustratorはまだだ。

Creative Cloudの全部盛りでは英語版のIllustratorも使わせていただけると嬉しいんだよね。日本語ぐらいならバッドノウハウ溜め込んでるから英語版のソフトでもなんとか見せられる組版ができる。でも中国語やタイ語、ヒンディーの組版を日本語版や英語版でマトモにできるのだろうか?切っちゃいけないところで単語や文字が切れるぐらいならまだしも、文字を途中で分割しちゃったりしないだろうか?なんてことを心配したくない。

いや、そんなありもしない用途を考えなくても、今困っている。英語環境で日本語版が起動しない。

CS2の頃は中のリソースをごにょっと変更して無理矢理使えたのだが、今回はその手も使えないようだ。特定のアプリケーションの起動をフックして言語環境を一時的に切り替えるようなものがないか……ありましたね。

TJ-HD Software Language Switcher

 

感謝しつつ、とりあえずこれでしのぐことにしよう。

使い方が少し直感的ではない。

  1. Applicationsフォルダ直下のプログラムしか拾えない
  2. 毎回有効にする設定がプルダウンメニューの中にある

1.は、メニューからAddする。2は、言語を選択した後、選択メニューの一番上にある「Always open in this language.」を実行する。

 

2件のコメント

  1. Adobe Cloudユーザーですが、以下のページではどこの言語でも利用できると書いてあるようです。個人的にはMacOS英語環境で使っています。パッケージ版は異なるライセンスなんでしょうか。
    http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud/tech-specs.html

    > Creative Cloudメンバーのお客様は、CS6アプリケーション製品の提供されている言語バージョンをどれでもダウンロードしてインストールできます。従来のライセンス形態で販売されるCreative Suiteエディションではすべてのコンポーネントが同一言語ですが、Creative Cloudメンバーシップでは製品ごとに複数の言語から選択できます。

    1. Creative CloudのIllustratorは、英語を優先言語にしていると起動すらしないのです。
      また、日本語版と英語版では、日本語組版に関する機能が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。