AliasがSGIから離れる

Accel KKR Homepageはベンチャーキャピタル。

一ついいことがあるかもしれない。このように資本が変わった場合、急いで何らかの「結果」を出すものだ。ちょっとイノベーションが止まってる印象があるMayaの新しいバージョンが一年内で出てくるかもしれない。

約60億円……これが高いのか安いのかわからないが、3DCGをハード/ソフトの両面からサポートしてきたSGIがソフト部門の売却を行うとは、何とも象徴的な出来事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。