AppleのソフトウェアのEULA((EULA:End Users License Agreement 使用許諾))どこだ~

Appleのソフトはインストール後にEULAの記述がどこにあるか判らないことが多いんだよね。インストール時に表示されてるんだからどこかにはあるんだろうが、iTunesのEULA確認できず。どこにあるんだろう。

なんてことを書いたのは、こんな記事を見かけたから。

iTunes4.0.appを私のiDiskのPublic Folderに入れてくれるように頼みました。MACFreak:2003年06月05日(木) OS X Jaguar Trouble対応Tips

ちなみにこの行為、心情としてはとてもよくわかるんだけど、プロプリエイトなソフトで、旧バージョンであろうが複製を正規ユーザーであろうが他人に渡していいようなEULAが結ばれることは、ほとんどないと思います。

Appleに言いたいのだが、自分のHDDに保存したソフトウェアをどのように扱うことができるのかが、探さないとよくわからないのはよろしくないよ。iTunesについて…から直接手繰れるようになっていないと。

ちなみに、iTunes4.0.1のVersionUpの説明にこの旨の説明がないのはちょっと気に入りません。MACFreak:2003年06月02日(月) iTunes4.0.1へのUpdate とありますが、ソフトウェアアップデートの説明文にははっきりと同一サブネットのみで共有するようになった、と書かれています。

この制限に関して書かれずにどこかで iTunes 4.0.1のアップデータをダウンロードさせていたんだろうか>Apple。

同じサブネット内のローカルエリアネットワーク上でiTunes 4.0.1以降をお使いのコンピュータ間で音楽を共有できます(私的使用を目的とした場合に限ります)。ソフトウェアリファレンス iTunes 4.0.1 for Mac OS X

某AppleRoomでも最終期あたりにiDisk使ってSafariのシードを撒こうとした香具師がアップルから警告されていましたね、そういえば。

こうやってだらだら書いて不勉強でした~!!ってのがいつものパターンですが(汗でもパターンは王道なんだ(違

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。