>Apple TVがやってきた

>今日、Apple TVがやってきた。iTunesでの映画購入とレンタルサービスが同時に始まってなければきっと目も向けなかったんだろうけど、一体感のあるサービスとコンテンツ、ハードウェアはがもたらす効果はiPhoneやiPadで充分に叩き込まれている。Apple TVがハズレなわけがないんだ。

iTunes Music Storeが始まったときの寂しいラインナップとは違ってメジャータイトルをずらっと並べてオープンしたiTunes Storeのmovieタブは隔世の感があるね。


吉祥寺のApple Premium Resellerで購入。箱は驚くほど小さい。中には本体も含めてピタッと梱包されている。最近のApple製品は緩衝材が少ないのにちょっと驚くんだけど、Apple TVには緩衝材がない。ほんとにない。


よっぽど輸送中にぶつけない自信があるんだろうけど、普通は怖くてできないことをあっさりやってのけてるのが怖い。


Apple TVの電源ケーブルは丸められて箱の底に入っているのだけど、ありがたいことにACコンバータは本体側に内蔵されているのでケーブルはスマートだ。


今までチープだったApple Remoteっていうかリモコンもお得意の削り出しのユニボディ。ボタンも少なくてわかりやすい。複雑な操作はどうせiPhoneやiPadのRemote.appでやるんだからあまり使わないんだけど質感がいいのは嬉しいね。

設置は電源とHDMI繋ぐだけ。設定はWi-Fiと、映画をレンタルするときにiTunesのアカウント入力すれば設定が保存される。
そう、映画やYouTube見るだけなら母艦に繋ぐ設定が一切要らない。次のiPhoneやiPadもこうなっていくのだろうな。


というわけで映画を一本レンタルして楽しく夜を過ごした。家から一歩も外に出ることなく映画を借りて見ることができるのはいいね。少しコマが落ちた場所があったのが気になったけど、ソフトウエア・アップデートで治ることを期待。

家のテレビはREGZA Z1シリーズなのだけど、音はApple TVからHDMIでテレビに送って、アナログのアンプにはVHSダビング端子からライン出力。音質もこれで充分楽しめる。

iTunesに日本の映画が来るのは当分先だと思い込んでいたので、Blu-Rayプレイヤーも購入を検討していたんだけどApple TVで満足してしまった。

– Posted using BlogPress from my iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。