Apple’s Design

年に二度ほど、Macお宝鑑定団からの依頼でApple製品の予想図を作る。これが難しく、楽しい。お宝鑑定団のレポートの性格上、依頼から完成までに使える時間は数時間ということが多いのだけど、その間に過去のApple製品をひっくり返し、ディテールを考えてモデリングから起こしていくことになる。

[retina normal=”http://blog.taiyolab.com/wp-content/uploads/2012/07/ipad_mini_and_3rd_front_blog3.png” retina=”http://blog.taiyolab.com/wp-content/uploads/2012/07/ipad_mini_and_3rd_front_blog3.png” width=”650″ height=”auto”]

今回も「iPod 3rd generation風の外見」というオーダーでiPad miniを作ることになったのだけど、今まで各種ニュースで見たiPadを小さくしただけのiPad miniとは全く異なるものを作らなければならなかった。

いや、参ったね。iPod 3rd generationといえば、まだUnibodyのApple製品がそれほど多くなかった頃の製品だし、iPhoneやiPod touchで始まった全面スクリーンの製品でもない。平面でない場所に埋め込まれるホームボタンとかモニタの埋め込み方とかどうなる?iSightカメラは?そんなことを考えながら作るのがあの予想図だ。

速報用のイラストなのでそんなに時間をかけて作っている訳ではないのだけど、楽しくやらせていただいている。なんたって、私が作る絵で一番多くの人が見ているのだから。

This post is also available in: English

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。