CDスタンド自作

自宅で音楽を聴くようになって(この話はまた日記に書く)、困ってしまった。

AirTunesで聴いている音楽はiPhoneかiPod touchのRemote.appで操作しているのだけど、CDを聞いているとき、そのCDのジャケットを見るのに適したCDスタンドがなかったんだ。イーゼルのような形をしたスタンドや皿立てが使われていることが多いみたいなんだけど、CDを置いていないときに高さのある台は嫌だよね。

そんなわけで、自作してみた。板に溝を掘っただけの簡単な作り。

Curved wood Side profile of CD stand

工作は、カッターナイフで溝を刻んだだけの簡単なもの。断面の写真を見るとわかるけど、手前側を少し深く彫り込んで紙ジャケでも後ろに倒れないようにしてある。

削った板を紙ヤスリで削ってオイルステインで仕上げ。艶が出るように、250番>600番>1000番で磨きながらステインを染み込ませていく。ステインは防虫/防湿効果もある木材仕上げ材だけど、少し色が合わなかった。松の集成材を使っているのに深い色のステインを塗ると、木目の部分が白く浮いてしまう。逆じゃなきゃいけないんだよね。今度作るときはマホガニーかダークチェリーの材木でやってみよう。

simple CD stand simple CD stand w/o CD

ま、それでもリビングにおいておいてもそれほど見劣りしない。作ってよかった。

カッターナイフで刻む

書き忘れるところだった。普通にカッターナイフを使ってもこんな溝は絶対に削れない。

今回は、カッターナイフで簡単な突きカンナを作って削った。

突きカンナの作り方は簡単。大きめのカッターナイフの刃を折って、90度まわして小さなカッターナイフの刃先から差し込めばいい。

Cutter knife hack!

ちょっとしたライフハック、か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。