Drag&Drop中にExposé

Drag&Drop中にExposé

タイトルバーのアイコンをD&Dすると、Finderからドラッグするのと同じ効果がある。

タイトルバーからファインダーへドラッグするとファイルの移動、Command+Optionキー押下でエイリアスを作成、ファイルをコピ-するならOptionキー押下だ。メタルファインダではポインタのアイコンが変わらない事があるが、すげー使いやすい。

ちなみに、ファイルのドラッグ時にExposéすると、望みのウインドウへドロップできる。添付したいファイルをつかんでExposé、書きかけのメールウインドウをポイントしてSpaceキー(フォルダナビゲーションの確定キーな)でフォーカス、ドロップで完了。すげぇよお兄さん。画像もテキストクリップもいける!!

Pantherを使い始めて、幾度となくMac OS 9やJaguarには戻れないなと思ってきたが、Drag&Drop中のExposéの使いやすさは、Mac OS 7.xでエイリアスやアップルメニューに初めて触れたときのような感動を覚えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。